あの買取・下取の査定について調べてみた

自分のくるまを手放す際における方法は買取りや下取りといった手続きが存在します。下取は新しい車を購入した時には、今まで乗っていたお車を引き取っていただくものです。コチラは走ることが差し障りないくるまだったとすれば買値が期待できますが、古かった時には逆に処分費用を求められることも考えられます。

下取に関しては、専門ショップが買取りする訳じゃないので、望んだ金額での譲渡は難しいと思いますが、新しいマイカーと交換で乗り換えすることが可能という良い面があります。もう片方の買取りは、それを専業としている車買取ショップに依頼して引受けしてもらうといったものです。タイミングがややこしいなどの良くない点もありますが、買取をされた自分の車はユーズドカーとして市場に出回ることがそもそも決まっておりますので、なかなかの高値での売渡が期待できます。

買取、下取のどちらであっても売り払う場合にはいろいろと書類を用意する必要があります。その必要書類としては、自動車検査証や納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。また実印と印鑑証明、住民票等も必要です。

売却の場合には委任状と譲渡証明なども使うのですが、これらに関しては買取専門ショップにて準備してくれるでしょう。引取りをお願いしたいこちら側としては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票と実印および印鑑証明が用意すべきものになります。査定の時にもこれらに関しては見られるので、紛失している時は再度発行する必要があるのです。

もし仮に無くしたケースでも見積もりだけをしてもらうことはできますが、その場で買い取りは出来ないため見積もりの値段に悪い影響が出るかもしれません。