これは・・・車を売る時のローンの残りについて

中古車買取ショップに値踏みをしてもらったものの、支払いを完済できていない事もあり得ます。このような際には、売りたいクルマの所有者があなた自身なのかそれ以外の人なのかどうかまず見ておく必要性があるのです。

実際のところ、持ち主についてはどこを見たら良いのかというと、「車検証」に載っている氏名の方がくるまの所有権者という訳です。

お車を買った時点で銀行などの割賦払いを設定された場合だと、こちらの「車検証」に載っているお名前がご本人の名前になってるはずですが、ローン支払いを設定したのが信販会社などのケースでは氏名がその会社の記載になっております。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこのように信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、回答としては支払いが滞納されたときに、直ちに愛車を担保という形で確保することを考えているからです。

そういった訳で所有名義がクレジット会社となっている場合はその車を自分の都合で売ってしまう事はできません。どうあっても手放したいならとりあえずローンを残らず支払するかローンの設定し直しをすることで所有権者を自分の名前に変更してから売却することが求められます。そうはいっても現実にそんなことが可能なのが現在手持ちのお金が豊富にある場合になってしまいます。それではキャッシュが無いのであればどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

そのような際は見積もり査定をしていただいたお車買取ショップに相談すると、マイカーの買取金額から残債の支払いの分をキレイにし、持ち主をご自分のお名前に変えて貰うことができるというワケです。手続きの方もすべて買取専業店に任せることが可能なので大丈夫です。