ついでに日本自動車査定協会の役割に関して

マイカーの下取りや買取の際には、なにはともあれ査定をすることでしょう。査定とは、売り手側から買い取り・下取時にきっちりした鑑定をするための工程であり、それにはたくさんの人から理解され、その上承諾された仕方でないと良くないのです。なのですが、客側からしたら、鑑定がどんなふうに行われているのか正確には認識していなかったり、正当な仕方で行われてるかどうかは案外把握することが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても審査というものはマイカーの額面を確定させる非常に決め手となる過程なので、考えややり方に種々のものがあれば社会の混乱の理由にもなる可能性があります。

そのような混乱を起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」とは、適正な査定が根を下ろすように務めている機関であり、私たちが安心して鑑定に出せて、そのうえで満足できる結果になるような制度作りの活動をしています。

実際の内容的には、例えばキチンとした査定士を増加させるための資格試験をおこなっており、査定協会が行っている学科と実技の研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、まともな基本的なことや決まり事をもってユーザーのくるまの鑑定をおこないます。要は適正な査定のための資格を有している方が値踏みを行いますので、私たちも悩まずに下取りや買取に車を出すことが可能となるわけです。