どういうこと?買取や下取り「リサイクル料」とのことだけどどうなんでしょう

愛車を売却するときの進め方といえば買取、そして下取の2つが御座います。下取りのケースというのは次の自分のクルマのを手に入れる時、古い自家用車を買い取って頂くというものです。たいがいはは新車のディーラーが引受けをするため買取プライスとしてはわりと低く見られることが多いです。

一方、買取のケースは自動車買い取り専門ショップがやっているもので、中古の車という名目で店頭に陳列することを前提に引取りの額を決定するので、どっちかといえば高プライスでの買い取りが期待できます。何れにしてもユースドカーを売る事であり、引き受けてもらう前に引き取り金額を決めるための見積もりがおこなわれることとなります。

査定を行う場合に気に掛かるのがリサイクル料です。自分のくるまの査定で出されるプライスというのはそのくるまそれ自体の額、自家用車についてくる自賠責保険やリサイクル料などなどいれた値段の二つの種類があります。リサイクル料については中古車を入手した際、又はリサイクル料が未納だったときには車検を受けた時に支払いになりますので、後に自分のくるまのを廃車として処分するさいに必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする際の代金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう場合に自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

費用は、軽自動車だと8千円位、国産車の場合で1万円位、外国製自動車等で1.5万円程、その他で2万円くらいを入金する必要が御座います。大体のユースドカー引受の場合、これらのリサイクルの代金を自分のクルマのの引き取り価格とは別ということで引き取られるということとなるのですが、リサイクルの代金をいれて評価の額となってるケースもあり、引受けを依頼する際にはあらかじめチェックしておくということが大切です。