なんと!車査定と修復歴について

中古車買取りを依頼したときには、一番最初に値踏みを受ける事となります。その際の鑑定の方は買取ショップの担当者が行う訳ですが、自動車市場の価格等から値段がはじき出されることになります。

だいたい中古車ということで売りに出されている金額の2~3割ほどが買取額となっていますが、評判のくるまだったり、珍しい車種だったりする場合には高い見積金額がでるといったケースもあるみたいです。ほかにも、年式が新しい方が高い金額となります。他方、そういった買取の値段はそのくるまが万全な状態のケースであり、完全ではないときは低い査定となります。特に事故の跡等は買取価格に相当関係してきます。

事故車とは言っても定義はあいまいですが、基本的にお車の基礎となるフレームの方にまで跡を残すようなアクシデントをしてしまった車はこれに当てはまります。こうした事故歴のあるクルマは将来的になにかしらの悪影響が出てくるかもしれないという危険が有るので、査定については駄目なものとなります。一方で、フレームの方には影響がなく、ボディを修繕した位なら無問題ですが、ですが修復歴としては付くことになります。

勿論、修理歴はついてしまいますのでデメリットの害はありますが、事故車よりも低く査定されることはないでしょう。ほかにも、エンジン等にトラブルが起こっているときにもマイナスとして見積もりされますし、日頃からの整備の状況が査定額に影響されます。

そのあたりはシロウトにはわからないところですが、審査をおこなう買い取りの専門店の方ではしっかりと状況を見てくるでしょう。

どちらの場合でも修復歴としてはないということが古くなった車の買取プライスがアップできるか否かの最低条件となります。