ほら、中古自動車査定制度について思うこと

中古車の下取りや買取の際には、まずは査定をしてもらうかと思います。査定イコール、お客様から下取や買取の時にちゃんとした評価をするための工程であり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、さらに承諾された仕方じゃないといけません。とはいえ、お客様側からしたら、査定がどんなふうにおこなわれてるのかちゃんとは認識していなかったり、しっかりした段取りで行われてるかどうかは案外把握することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても査定というのは中古車のバリューを決断するとっても重要な方法な訳なので、考え方やその方法に種々のものがあれば世間のパニックの要因にもなってしまうわけです。

そういったパニック状態を発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会という機関は、しっかりとした審査が行われるように活動している協会であり、我々が信頼して査定に出すことができ、そして満足のいく結果になるような土台作りの務めをしています。

活動内容としては、例を挙げるとキチンとした査定士を育てるために試験を実施しており、査定協会が実施する学科さらには技法の研修を受けて頂き、そうしてから「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そして査定士として勤務するためには協会への登録が必要になり、きちんとした基本的なことや責務をもってお客さんのくるまの評定をしていきます。つまり適正な見積のための資格を保持している人間が値踏みをやりますので、私たちも安心して下取または買取に持っていくことが出来るというわけです。