まさかの車査定と修復歴ってどうでしょう

古くなった自家用車買い取りを頼んだ際には、一番初めに値踏みを受ける事になります。その値踏みに関しては買取り業者の担当者が行う訳ですが、クルママーケットの金額などから金額がはじき出されることとなります。

通常、ユーズドカーということで売られている値段の2、3割程度が買取の金額とされているようですが、売れ筋のクルマであったり、珍しいくるまである等の時には高い見積金額が出るなどのケースもあるでしょう。他にも、年式は新しい方が高くなります。ただし、そのような見積価格はクルマがパーフェクトな状態であり、パーフェクトではない時には低く見積もられます。なかでも特に事故の跡などは買取額にかなり響いてきます。

修復歴というのも定義は曖昧ですが、とりあえず車両の基礎であるフレームにまで影響しているようなアクシデントをしてしまったクルマは事故車扱いになります。このような修復歴のあるくるまは将来においてなにか負の影響現れるという危なさが有るので、買取金額に於いてはマイナスになります。とはいえ、フレームにまで影響が無く、外側を手直しした程度ならなりませんが、でも修理歴がつきます。

無論、修理歴がついてしまいますのでデメリットの影響があるのですが、事故車に比べ低く見積もられることはありません。また、エンジン等にトラブルが出ている場合にもマイナスとして見られますし、通常の手入れの良し悪しが見積もりに影響してきます。

この辺はトーシロにはわからないところですが、査定を行っている買い取り専門店はシッカリと状態を確認してくるでしょう。

どちらのケースでも修理歴は無いことが古くなった自家用車の買取の値段が上昇させることができるか否かの最低条件となります。