中古の自動車を売りわたす時の手続きに関して、ここでしっかりと把握していきましょう

使用していた自動車を売りわたす場合の進め方としては買い取りと下取りの2つが御座いますね。下取のケースというのは新しいマイカーを手に入れるかわり、今までの中古の車を買い取りして頂くというものです。大概販売店が引受をすることになるので買取額としてはどちらかというと低目に見られる場合が多いです。

一方で買取のケースはおクルマ買取専門ショップが行っており、使用した自動車として売る事を予定して買い受け価格を決定するため、どっちかというと高額な買い受けが期待できます。いずれにしてもユーズドカーを売却する事であり、売却をする前に買い受け価格を決定するための見積りがされるわけです。

品さだめをおこなう時に気に掛かるのはリサイクル料です。中古車の品さだめで出される価格というのは自分のくるまのそれ自体の値段、自分の車のに付いてくるリサイクル料や自賠責保険といったものをいれたプライスの2つの種類が御座います。リサイクル料に関してはu-carをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未納だった時には車検を受けた時に支払われるもので、後に中古自動車を廃車として処分する際に必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする時のコストとなって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する時JARSから支払われるということになります。

その時の代金は大体、軽自動車だと8000円くらい、普通車だと1万円ほど、外国製自動車などで15000円程、その他で約2万円ほどを入金する必要性がございます。だいたいの使用した自動車買上ですと、そうした「リサイクル料」を中古車の引き取りプライスとは別個で引受される事となる訳ですが、リサイクル料金を含んで引き取り額であるというケースも有り、引き取りを希望という場合に先ずはチェックしておくのが大事です。