今日は日本自動車査定協会の取組の感想、所感

クルマの買い取りや下取りの際には、初めに査定をしてもらう事でしょう。査定というのは、売り手側から下取りや買取する際に正確な評価を下す為の処置であり、それをするためにはいろんな方たちから理解され、その上承諾された段取りでなければダメなのです。とは言っても、客側からしますと、審査がどんなふうにされているのかちゃんとは認識していなかったり、しっかりした進め方でやられているかはどうにも分かっておくことが困難なものです。しかしながら鑑定自体がマイカーの価値を決断するめちゃくちゃ重大な工程ですから、考えや方法にさまざまなものがあると社会の混乱の一因にもなってしまうわけです。

そういった騒ぎを生じさせないためにも日本自動車査定協会という機関があり、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会とは、しっかりとした見積が拡大するように取り組んでいる協会であり、消費者が安堵して査定に提出でき、しかも納得できる結果となるシステム作りの行いをしています。

実際の内容的には、例を出すとちゃんとした査定士を育むための試験を実施しており、査定協会が実施する学科及び実技の研修というものを受けて、そののち査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした見識や義務でもってお客さんの車の品定めをするのです。要は適正な査定を出すための資格を有している方が査定をしますので、私たちも悩まずに買い取りや下取りに持っていくことが可能となるのです。