例の中古自動車査定制度のこと

クルマの下取・買取時は、最初に査定を行います。査定イコール、ユーザーから買い取りや下取りする時にきちんとした評価をするための下調べであり、その為にはたくさんの人から了承され、その上受け入れられた仕方をしないと良くありません。ただ、消費者側からすれば、値踏みがどんな感じで実施されているのかはっきりとは確認できてなかったり、しっかりした手順で行われてるかどうかはどうにも把握することが出来ないケースがほとんどです。とはいえ、鑑定自体がマイカーの値段を決断するとても決め手となる工程なので、考えややり方に色々なものがあると社会が混乱する理由にもなってしまいます。

そんなパニック状態を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

日本自動車査定協会とは、厳正な見積が拡大するように機能している機関のことで、私たちが無事に鑑定に提出でき、そのうえで満足のいくシステムを構築する行いをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を出すとまっとうな査定士を輩出する為の試験をおこなっており、査定協会が実施する学科さらには実技の研修を受けてもらい、その後査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格が付与されます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まともな知識や決まり事をもって私たちの愛車の評価をおこないます。要は適正な査定のための資格を保持している者が鑑定をしますので、私たちもリラックスして買取とか下取に車を出すことが出来るわけなのです。