話題沸騰!中古車の査定に関して

車の買取となると、最初にその見積もり査定をおこないます。その型式や年式で、基本とされる標準状態の金額の目安をつかんでおきます。これと比較しもっと条件がマイナスなら、見積額を少なくするという工程で処理を行っていくわけです。

通常時の値段のことについては買取のお店の方で基礎的な数字を保有しています。これについては業者同士だけで出回っているもので、その値段は車の型式やいつのものかということから示されています。なのですが、あくまでこの額面は標準的なものであり、それだけの意味しかないのです。加えて、その金額よりも高値で買い取られたり、場合によっては安値で買い受けされたりするケースもどうしてもあるわけです。

お店の立場としては出来るだけ安く買い取りたいので、買取店にもよりますが基礎的な買い受けできる額を提示したうえで、さらにロープライスな方向へ話題を変えようとしてきます。売りたい方の気持ちはわずかでも高値で売却したいわけですから、この時の交渉としては、一気に話を進めるのがキーポイントとなります。それか、売却に関しての金額が歩み寄れなかったケースであればいったん保留し、そこで話を中断しておきます。そうしてからまた別の買取ショップとやり取りしていくわけです。

例えばここで価格が更に上げられて納得がいけば、前の買取店との調整はおじゃんになっても気にせずOKです。結局、売りたい方が不満がないように話を進めていけばよいということです。何をおいても回避したい状況は、拙速に売却金額を結論付けてしまい、あとから悔いるということです。額面はとにかく強気に押し出していく方が失敗しないと思います。